人生において一度は素敵な恋愛をしたことがある方は多いはずですが、それが常時続くかどうかは別の話です。人は一度素敵な経験をすると、それをもう一度味わいたくなるものです。そんな素敵な出会いをサポートするのがSNSです。簡単に同じ趣味の人や魅力的な人を見つけることができます。

ネットストーカーに気を付けよう!

SNSは気軽にたくさんの人と繋がることができて、出会いのツールとして利用したり仲間を作りやすいメリットがありますが、不特定多数の人と繋がってしまうために時には嫌な思いをしてしまうこともあります。
特に気軽な気持ちで投稿した写真やコメントがたくさんの人の反感をかってしまい炎上してしまうケースも珍しくありません。
また匿名で利用することができるために、誹謗中傷などの嫌がらせを受ける可能性もあることは、投稿する前にきちんと考えておかなければいけないことでしょう。

自分が悪くなくても時は嫌な思いをすることがあります。
その一つがネットストーカーです。
普通に交流をする人はいいねやコメントをしてくれたり、時にはDMで直接やり取りをすることもあると思います。
そういったやり取りが行き過ぎてしまったり、一方的に付きまとわれてしまうなどの顔の見えない相手に恐怖を覚えてしまうのがネットストーカーです。
ネットストーカーの怖いところは、投稿にコメントなどをくれたほかの人を攻撃し始めたり、身元を特定するなど現実世界でも付きまとわれる可能性があることです。

ネットストーカーなどSNSで被害に遭わないためには、個人情報を自分でしっかりと守ることです。
何気なく投稿した写真の背景から場所を特定されてしまったり、プロフィールから住所などを突き止められてしまう可能性もあります。
特に本名を使ってしまうと個人情報の特定がしやすくなってしまいますから、SNSでは極力本名を使わないようにすることが自分の身を守ることに繋がります。

SNSから仲良くなって出会いにつながることも珍しくありませんが、すぐに会いたいといってくる人や個人情報ばかり聞いてくるような場合は、出会いだけを目的にしている可能性もあります。
少し距離をとるなど対策が必要かもしれません。

SNSで自分を守るのは、投稿するときに一度インターネットに上げてしまうとずっと残るということを認識しておくことです。
ちょっとした写真の背景やコメントの個人情報によって、いろいろなことが分かってしまうことを知っておきましょう。
もしも相手の態度などがおかしいなと感じたり、自分と合わないと思ったときにはブロック機能などを利用して相手と繋がらないようにすることも大切です。
個人情報の取り扱いには特に気を付けましょう。
本名や住所などは絶対に乗せないといった気持ちでいるようにしておくと、ネットストーカーに付きまとわれてしまうリスクを減らすことができるでしょう。